2011年 08月 22日 ( 1 )

8/24 D-Day

さてさて、弁護士との初めての面談が終わったその足で
紹介してくれた方とお友達に晴れ晴れとした気持ちでメールをしました。

本当に気持ちが軽くなったんですよね~。
ヤツと話をしなくても良いってことと、なんとかなる、味方が出来た
何事も前向きに考えることを教えてもらった。

色んな点でスッキリして、離婚へ向けて背中を押された気分になりました。


ネットとかで検索すると弁護士は慎重に探した方が良いと
たくさんの人が言ってるけど
私は、「この人にお任せしよう!」って話していて決めました。

で、お盆休みに必要な書類を揃え
ヤツの財産などを色々と探し、できることは全てしました。

そして、弁護士事務所へ2回目の訪問。

資料を渡し、どんな段取りでヤツに連絡を取るかを打ち合わせ
最後に着手金についての話。

話し合い~調停までの着手金として315000円。
調停で決まれば、その間の追加金はなし。
この着手金で一通りの実費などはまかなってもらえるそう。

裁判まで行ってしまったら、そこでまた着手金が必要になるということです。

また、成功報酬として
私の利益に対して(財産分与などで得る)何%かの報酬を支払うことになるんですが
それはまた追って相談しましょうとのことで
一切のことを委任しました。

もう少し詳しく聞くべきだったのかもしれませんが、
私はヤツと話をしてくれて、難しいこともお任せできるなら
多少の出費は仕方ないと思っています。

幸いまだ実家の両親も元気ですし、それなりに援助もしてもらえる(ハズ)だから・・・。


そして、先週の金曜日にヤツが盆休みを終えて帰ってきたので
弁護士へ連絡をしたんだけど
担当の弁護士が不在で、月曜日にもう一度連絡をして
そこで第一歩の打ち合わせをしましょうということに。

私としても週末はヤツが家にいるので、できるだけ顔を合わせなくて済む平日に話を少しでも
進めたいという気持ちがありました。
できれば早い方が良かったので、月曜日をD-Dayにしたかったのですが・・・。


そして、今日。
家につくやいなや、弁護士の方から電話があり
水曜日をD-Dayにしたいと。
では、そうしましょうってことで
あさって、ヤツが出かけたら
追いかけるように私が「弁護士を雇って、離婚の話を進めたい」旨のメールをし
昼休みに弁護士がヤツに電話。出なければ17時以降に再チャレンジということになりました。

弁護士が、ヤツと話をしたら
まずは一報を入れていただき、その後の段取りも決めていきましょうということで
電話を切りました。


どう変わるのか若干不安でもあり、恐怖もあったりするけど
いつかは通らなければならない道。
後回しにしてたらいつまでたっても変わらないもんね。

頑張る!
でも、ヤツがまた暴れたらすぐ逃げられる準備はしておこうと思う。。。


うつじゃない?って噂もあるんで・・・
[PR]

by murisyung1127 | 2011-08-22 21:15 | MuRi